福岡で話題に上がってるAGAとは「男性型脱毛症」のことです

最近福岡で話題に上がることが多くなったAGAですが、AGAとは簡単に言うと男性型脱毛症のことです。
脱毛症にはいくつか種類があるけれど、その中でもAGAと言われている男性型脱毛症が多いと言われています。

一説によると、「男性の脱毛症の90パーセント以上がAGA」だと言われています。
もしかしたら男性の脱毛症はほぼAGAが原因じゃないか…と言うことなんです。確かなことはわかっていませんが…。

aga 福岡

さて、AGAの特徴は頭頂部の毛が薄くなったり、髪の生え際あたりが後退していく感じです。
その原因は、「男性ホルモンやホルモンバランスがうまく働いていないこと」「遺伝的などうにもならないこと」「日々の生活の中で感じている過剰なストレス」「食生活とか生活習慣の悪化」などが気になるところです。

AGA対策で重要なのは、「治療を継続させること」なのです。福岡で通い続けれるクリニックを探すのも大事でしょう。
育毛剤で何とかしようとか、その他の薄毛対策の情報を知っても、それが自分に合わない育毛方法の場合変化は感じられないでしょう。

若くしてAGAになった私は治療で治りました

私は18歳くらいから、AGAになってしまい、いわゆるワカハゲになってしまいました。
当時は専門学校に通っていましたが、常にニット帽で隠して生活を送っていました。

時々同級生の友達に帽子をとられてからかわれたりもして、悔しい気持ちになったのでAGAのことについて調べて、治してやると決意しました。
どうやらネットで調べたところ、ミノキシジルとプロペシアという二つの薬を使って治すのが主流みたいでした。

当時はあまりお金がなかったので、個人輸入でミノキシジルタブレットとプロペシアを買いました。
飲んでみた感想はミノキシジルのほうは若干次の日だるさを感じましたが、そこまで生活に影響でない程度だったので服用を継続しました。

そして半年も使っていると、髪がたくさん生えてきました。
ニット帽も卒業して、いろいろな髪型にチャレンジできたのは楽しかったです。
専門学校に茶髪姿でいける日が来るなんて夢にも思っていませんでした。

AGAは治せる時代ですので悩んでいる人は治療をお勧めです。